30代のアイメイクはナチュラルに。

PR |

30代になって体調の変化を感じざるを得ません。突然腰痛に悩まされて東京の名医を尋ねるようになり、結局首下がり症候群の治療を受けることになりました。大きく体調を崩したせいか、治癒後に今までのアイメイクに違和感を覚えるようになりました。若い頃に東京の専門学校でメイクやエステサロンで使用する機器など美容法について学んだ私は、目元をくっきりはっきりと強調させるようなメイクが好きでした。特にアイラインには力を入れており、色はブラックで太目に引くのがお気に入りでした。当時は神楽坂の痩身エステに通ったり、美容についてたくさん研究もしていました。
また、アイシャドウはラメの入ったものを使用していました。色はベージュ等のどちらかと言えばトーンの暗いものを選んでいました。最後にマスカラをしっかりぬり、カールさせれば出来上がりです。

これらのアイメイクが私としては突然似合わなくなり、どうしていいものか悩みました。最初はアイメイクが不自然だと気付かず、ファンデーションの色味を変えてみたり、渋谷の皮膚科に肌の相談に行ったりもしていましたがそれでも違和感は消えなかったのです。

アイメイクが不自然だと気付いたのは、写真を見たのがきっかけです。いつもなら映えている目元がやたらと窪んでいて、そのせいで実年齢より更けて見えました。
まさかアイメイクだったなんて、と驚きましたが、そのことをきっかけに私は新たなアイメイク方法を研究しました。

いつか友人から「年を重ねるにつれ、化粧は引き算していった方がいい」と言われたことを思い出しました。ただ、今までしっかりメイクだったので、ナチュラルにするにはすごく勇気が要りました。ナチュラルメイクにすることは、老いを受け入れることでもあったからです。
年相応の美しさを手にいれたいと考えた私は、ファッション雑誌を読んだり、周りの綺麗な大人女性のメイクを研究した結果、友人の言っていた引き算とはこういうことだったのだと感じました。

私は、、ラメ入りのアイシャドウはやめ、ベージュ敬の薄いものに切り替えました。そしてアイライナーを黒ではなく茶色系に、メイクの際は睫毛の際を少しだけぬるようにしました。マスカラは2塗り程度におさめて、ビューラーで上げすぎないこと。これだけでかなり目元の印象が変わりました。今までのような華やかさはないけれど、自分の肌にピッタリ合っています。
不思議なことに、周りからは綺麗になったと言われることが増えて、メイクの重要性を再認識しているところです。

PR|工務店向け集客ノウハウ|生命保険の選び方|AGAでお悩み解決|女性向けエステ.com|お家の見直ししま専科|マッサージのリアル口コミ.com|健康に役立つ口コミ情報|エステサロンを上手に利用する情報サイト|英語上達の秘訣|女性のための薄毛治療研究会|美容と健康女性ランキング|